自然な咀嚼になれる|人を惹きつける笑顔|歯医者でホワイトニング治療を受けよう

人を惹きつける笑顔|歯医者でホワイトニング治療を受けよう

歯科
  1. ホーム
  2. 自然な咀嚼になれる

自然な咀嚼になれる

子ども

あごの骨で支えます

歯を失ったときに有効な治療法にインプラントがあります。インプラントは入れ歯と比べて大きなメリットがあり、大分でも治療件数が増えている最先端の歯科治療法です。入れ歯は噛む力を歯や歯茎で支えます。一方インプラントは、あごの骨で支えるので、大きな力をしっかりと支えられるメリットがあるのです。噛むときには、優に100キロ以上の力がかかります。そのため長年入れ歯を使っていたり、隣の歯で支えるブリッジを使用していると、土台が崩れてうまく噛めなくなってくるのです。インプラントはあごの骨に埋め込むので、自然な咀嚼が取り戻せますし、治療後10年から15年は噛む力を維持でき、健康的な食生活が送れます。噛む力は、寿命にも影響します。

チタン製の歯根

これまでインプラントというと、高齢の方には治療が行えないものでした。さらに糖尿病の患者の方にも、治療は難しいものだったのですが、今では90歳でも体力があればインプラント治療ができますし、糖尿病の方でも血糖値を下げれば治療が可能になっています。大分のインプラントは、チタン製の歯根を埋め込み、見た目も自然な歯に見えるように成形します。しっかりと噛める生活が長く続くので、健康にもよい効果があります。大分の歯科医は、レントゲンで患者の骨の様子を観察し、的確な判断で治療法を決定します。インプラント治療後のアフターケアにも定評があり、ブラッシングの指導や定期的なクリーニングにも力を入れています。大分では、インプラント学会所属の医師も多いです。